上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.03.12 anyone

久しぶりに詩とか浮かんできました。
夜って寂しいなぁ。

君のこと思い出す日なんてないのは
君のこと忘れた時がないから。

ただわたしが不器用すぎたから
弱すぎたから、ひとりで悲しくなって
壊れるのが恐かったから、壊しちゃった。

君に届くのかは分からないけど
どうしたらいいのか分からないから
唯一一緒に作ったここに足跡残します。

許してもらえないかも知れないけど、どうしたらいいのか分からないから。
不器用でごめんなさい。

こんな時に助けて欲しいのは君だった。




anyone

ずっと見慣れた街
燃えるような空が広がる
吹きすさぶ風に乗って
歩いて歩いて

どこにかたどり着いても
ひとりで立っていた

いつの間にか大人びた顔が
不思議そうに鏡に映るけど
わたしはどこか
夢を見ているようだった

世界に放り出されて
どれだけ月日が流れても
慣れないままで
いつまでたっても
初めて見る景色が
呆気なく通り過ぎるだけ

なにを守りたいのかも
分からないままで
なにかになりたがっては
なににもなれずに

存在は小さく燻っているだけ
ここにいるよ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。