上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
寂しいと泣けばいいよ
まぶたの裏の
哀しいものも怖いものも
ぜんぶ流してしまえばいいよ
ねぇ楽しくて可愛くて
笑いだしちゃうような
そんな優しいものばかり見ていて

君の1番キラキラしているものを
ぼくはとても欲しくて
だけどねぼくの
1番キラキラしてるものは
誰も欲しがらないんだよ

悔しいと泣けばいいよ
そしてああ可哀相にって
言ってもらえばいいよ
けどそんなの欲しがったって
手に入れることができたって
気休めでしかないから

ぼくはだんだんピエロになってゆく

どうしても聞いてほしくて
どうしても伝えたくて
けど上手く言葉を話せない
へたくそな鳴き声は誰にも届かない
その度にぼくは
切ない叫び声で高く笑うんだ

そのあと
やっぱり今日も無理だったって
寂しく笑うんだ

傷つけられたとき
誰かにも同じ痛みを
知ってもらおうとしてた

けど傷つけられただけ
誰かの痛みにも気づきはじめた

傷ついただけ
誰かに優しくしよう

こんなぼくにでもできること
少しはあるかな
これがぼくの勇気なら
パパとママに感謝しよう
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。