上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おととし2010年のここの記事を
読みかえしたりしてました。


2010年の秋って、自分の中でいろいろと葛藤があったんだったなぁ。
19歳。
人間関係(それも、もっとも近しい)で苦戦してた。

友達が多いほうじゃなかったし、性格も、
懇切丁寧な子じゃなかったから、私自身も
言葉とか文字だけで伝えるのが下手だったり。。

直接顔が見えないやりとりの中で
相手の今の気分とかが掴めないと
軽く冗談めかして言ったつもりの言葉が
思うように受け取ってもらえてなかったりして

いやな気分にさせちゃったりして。

じぶんが悪いのに
不安に苛まれて心臓が鳴り始めて
かなしくなったりする。

理不尽なことなのに
言いかえす根気もなくて
取りあえず自己完結してしまう。

冗談のつもりで言われたことも
重く抱えてずぶずぶ沈んでしまう。

何気なく投げた言葉を
思いもよらない打ち返され方をして
脳天に直撃させてしまう。


そんな明るい子じゃないし、
平気でいられるほど強くもなれなかったけど

そうなりたいから
いつも笑っていたいし
嫌われてるんじゃないかなぁ、って心配しちゃうから
好きになる。


そうやって、楽に腰掛けてばっかじゃいけないんだろうなぁ。


2011年は消沈して
時間を粗末に過ごしてしまった。

やる気が出なくて
いつでも浮き沈みを繰り返して。

そういうときって段々浮いていかなくなってしまう。


馬鹿馬鹿しくても下らなくてもいいから
自分を救ってくれるものを
すぐ近くに置いておかなければ
やっていけなかった。


2012年

きっと
辛くないわけないけど
強くならなければいけないんだ。

過去は無かったことには出来ないし
積み上げてこなかった所には
探そうともなにもない。
いまから作るしかない。

自分しかない。



なんか書いている途中で心の
傷口開いてしまった。



辛いときは辛いって言おう。
その気持ちをここに残していくようにしよう。

だれも聞いてはくれないんだから
未来の自分に聞いてもらおう。
きっと、包み込んでくれるから。
どんなにわがまま言っても、
傲慢でも卑屈でも、自分だけになら
なにもかも許される。


未来の自分は振り返って
優しく傷を撫でてくれる。


あー、なんだか明るくて優しい記事にしようと思ったのにな。

これ以上書くのやめよう、
痛い。痛いいたいいたいいたいいたいいたいいたい。
痛いよう。
辛いよう。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。