上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.10.17 祝★SIDNAD...蒔
vol.3 だけに、というつまらん文言はおいといて、DVDヒットチャート初登場3位★だそうな。
わを。
まだメジャーデビューしてないのにだ。もうするけど。
すげぇよーさすがだよー。
来月のメジャーデビュー記念ライブ、武道館であるの2分で完売したらしいし。
どんだけ。
フツーに無理じゃんマトモにチケとんの!
ライブ行けるご身分になったら、ファンクラブ入ったほうがいいかなぁ(●д●)
ファンクラブ限定ライブとかあるしねー、しかもライブハウスで。←メジャー行ったらどうなるやら分からんが。
RADさんは今んとこファンクラブないもんな。


つかあたしいつの間にこんなハマってんだって話だ。
いやぁもう好きだよ好き好き笑。
聴けば聴くほどオハナバタケですよ、抜けれないよー。
そもそもはV好きの友達に「歌詞がいいから!」と薦められ借りたのが始まりです。
シングル「御手紙」。3rdアルバム「play」より前じゃないかな。
RADと同じで始めからガンガンなわけではなく。
でもちょと気になったから帰省ついでにTSUTAYAでレンタル→CDに焼く→butしばらく放置笑。
借りただけで満足しちゃう、現代人です。
しかしその後いく枚かのシングル発売のたびに(その友達に借りたりして)気持ちが盛り上がり。
最新アルバム・センチメンタルマキアートが発売される頃は興味津々。
レンタル待ちして聞いて、うひょー(o`∀´o)となる。
俄然熱がわいてくる。
しかし例によって冷めたりまた熱したりを何ヶ月も繰り返す。が、夏頃から歌詞の世界から抜けれなくなる。
→日に日に好きな曲が増えて、今に至る。


ジャケやPVの世界観も好みです、メンバー4人のキャラも知れば知るほどおもろい笑。
たまーにブログ覗くんですけど。
マオさん(まだ「にゃん」はレベル高い)はやぱすてきーな人だなと思う。あたしの勝手な主観だけど、文章の端ばしになんか、すてきが溢れとる。
洋次郎さんもだけど、すてきーな人はすてきーなブログを書いて、そんですてきーな歌詞書くよ。
みりょくてきな人はどこを切ってもみりょくてきなんだなと思います。
当然、RAD・シドともにほかの3人もみりょくてきですがね!
シドは作曲はマオさん以外の3人が分担してるし。私はどの曲調も好きだ。特に好きな曲いくつか挙げろと言われても偏らないはず。


確かに、曲調は初期アルバムと比べるとガラリと変わってる、けど。
でも私は元々V系のファン、とゆうわけではないし、ただ言葉のあやつりかたと(曲調に関わらず)染み込むメロ、歌声に惚れてるだけだから、彼らの化粧が濃くなろーとスッピンになろーと関係ないっす。
もし売り上げを考えてわざわざポップ路線でいってんなら、それは寂しい話だが、どんなにウケ狙っても惹き付けられん歌には惹き付けられんし、惹かれる歌には惹かれるもんです。
それが全てだ。

しかし、売れてくるとかならず持ち上がる、「最近世間に迎合してない?」論争。またの名を「むかしのが良かった」論争。
やぱ芸能の世界では少なからずあるのかな、求められる音楽>作りたい音楽、のこの図式。
まぁ確かに、ひたすらキャッチーでそれだけ、の曲はすぐ飽きられちゃうし噛み締めがいもないけど、やたら毒ある歌詞やメロばかりを好んでみせる人、世間には迎合しない自分万歳、みたいな、そゆ姿勢もなんだかなぁと思ったり。
何か、音楽好きです、と言いながららキャッチーなメロの曲をお気に入りに挙げると、分かってねぇなお前、みたいな。
そゆのってどうなのだ。
暗い曲だろうがポップだろうがなんだろが本気で良い曲はどこまでも良いのだからさ。
だってRADは、ひねくれた曲とどストレートな曲、片っぽだけではつまらない。
まぁ結局は個人の価値観ダヨネって話に帰着しますがね。


……と色々語ったが、語る資格もないくらい、まだまだ新米ファンなわけでして。
生シドさんも未経験。
しかも売り上げに貢献したこともない。(@д@)

あぁぁSIDNAD(←センチメンタルマキアートツアーのライブDVD)ほしいほしい!
どうしよどうしよ。
ネックである値段もAmazonなら千円くらいは抑えられるんだけどな。
とりあえず買ったひとの反応見ようと思ったんですが、軒並み評判いいぽいし!
マオさん歌うまいしなっ!

ほしいな欲しいな。


考えます。真剣。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。