上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょとだけまじめにかんがえてみた。


しけんのために、倫理を勉強しています。
これがまた楽しくて。
苦手ゆえに要勉強な理数系をほっといて、最近は倫理(と世界史)しかしていません。

学校は現社しか授業がないんですが、あたしはどうも政治だのけぇざいだのが無理みたいで。
しゃかい人として常識は持ってなきゃいかんと思うんだけど、あんま好きになれないんで、試験科目としては向いてないなーと。
そしたら俄然倫理が魅力的に見えちゃって、点数出やすいとゆぅ不純な動機も相まって勝手にこっちに乗り換えちゃったわけですが。

単に倫理といったって、
人類!愛!万歳!
てなわけにはいかなくて、それなりに知識を要する。。
でもその「先哲」たちの思想がまた、面白いんですよ。
思想史に範囲が絞られてるぶん、歴史の流れを感じやすくて。
歴史は川なんかじゃねぇんじゃねぇかという気さえする。
もちろん一人一人、一つ一つの思想も、興味深い。です。
まぁそんなこと言ったって、あたしは教科書でつまみ食いしてるだけなんで、学んでるつもりになってる「思想」も単純化されただけ、ただのおままごとなのかなとゆぅ怖さは常にありますけども。。。
(;´д`)
あたし達も、現実にいろんな「思想」にまみれて生活している限り、他のどんな「思想」も、自分の浸ってる思想にカスタマイズしてしか捉えられんのかもしらんしなー。
そこ(自分にまとわりつく諸々)から脱却した人が新しい哲学を見出すのかなー。でも何が「新しい」のか、誰が判断するのか、も結局は「思想」次第だもんよ。

何にしろ、物事を見るには、必ず立脚点が要るわけで、逆にいえばその「スタンス」がすべてだ。
すっごく大胆にいうと、ウヨクかサヨクか聞けば、具体的に今の政治について尋ねなくてもなんとなく言いたいだろうことの予想はつく。的な。
いやそんな世の中右or左なんて単純なものではないし、スタンスと言ったって信条に関わるような根本的なもんから細かいことまで色々あるだろうけど、重要なことに変わりはないと、思う。


結局、スタンス=思想、なわけで、それを確立しようぜ!というのが青年期ど真ん中のわたしたちの義務らしいです。
先哲のさまざまな思想を学んで、アイデンティティの確立に役立てる?ことが、倫理を学ぶ意味らしい。

しかし、そろそろ高校生も出口まぢかな今日この頃、むしろ「アイデンティティ確立」できねー!とゆう思いが強くなっています。
てか、強いて高校生活で得たことといえば、確立することの怖さを知ったことぐらいなんじゃないか。
べつに確立する=凝り固まる、ではないかもしれないけど、なんか怖くて。
スタンスなしには考えることはできない限り、意識しなくても私の中で何か確立しちゃってるものはあるんでしょうが、それが嫌です。
「嫌です。」
……てゆぅのが既に「スタンス」!?( ̄□ ̄;)!!

わけわからんっ!


とにかくあれです。
倫理面白いです。
哲学者とかげーじゅつかが狂うの、分からんでもない感じ。。




全然関係ないけど、友達と、大学生になったら髪を奇抜な色に染めたいねぃ、と話してます。
信号カラーとか。
まぁ真っ赤とか?
髪の毛痛みそーだけど、似合う如何はおいといて、ちとやってみたくね!?と笑

的な話を、おととい、下宿に遊びにきてあたしの部屋に泊まってった妹にしたら、

「そゆ『たら』『れば』って言ってるのって、大抵叶わないんだよねー」

と冷静に返され、寂しかった。

「『この病気が治ったら、海行こうね』とか、『この戦争が終わったらまず、うちで待ってる奥さんの料理食いてぇなぁ』とかそーゆーの、叶わんから笑。
未来のユメとか願望とか、あんま言わんほうがいいよ。」

べつに大学生になるのはそんな壮大なことちゃうわい!髪くらい好きに妄想させろや、と思ったが、なんとなく反論できなかった。


どでもいい話。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。