上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
終わったークリスマス会★☆

例年は朝まで二次会やら三次会やらやるんだけど、今年はみんなすげぇ働いてくれたから疲れてたみたいで、二次会の時点で爆睡率60%!笑

あたしも眠かったし、早々に(といっても明日になってた)解散ー

お疲れさまでした!

料理はちょお美味しかったです♪
手品も、まぁ完璧ではないまでも、成功したかなって感じです(*´∇`*)

えーなんでー!!すげー!

という声を聞けただけで大満足さね。
オリジナルなネタも、昨晩やたら試行錯誤し練習をつづけた甲斐あり、驚いてもらえてよかったー。

手品のネタ自作するの、楽しかったっす。
冷静にみればしょーもないタネでも、成功率を上げるためにさまざま工夫する過程が面白い。
もちろんプロのネタには及びもつきませんが、ないアタマで色々考えるのも、いいボケ防止。

あぁでも楽しかったなークリスマス会♪
元下宿生も来てくれたし!

今年は、下宿を中途退出(学校自体やめたり、自宅通学に変わったり)しちゃう子が多くて。
理由はもちろんそれぞれですが、なんか、こんなにやめて行っちゃうのは初めてで、寂しさと共に少なからず責任とゆぅか、自己嫌悪な部分もあった。
別にお前関係ねぇだろ、と言われればそうなんだけど、下宿の雰囲気を引っ張ってくべき最高学年の我々が、しっかりしてなさすぎるなぁ、良き伝統を新入生に受け継げてないんじゃないかなぁと。
中途退出者の件以外にも懸案事項は多いんです。

革新すべきところと、不変(かつ普遍)であるべきところ。
その特に後者をどう後生に伝えていくか。
常に手探りで、反省と実行と失敗を繰り返しながら、高3内でもたびたび議論しているテーマです。

NHKの「プロフェッショナル」で聞いた、「言葉と背中で教える」という格言が身に染みます。
常に自分の行動で示しつつ、言葉でもダイレクトに伝える。
先輩後輩関係は、教師と生徒、上司と部下よりも近いぶん、「伝える」ときの距離感が難しい。
叱るのとも諭すのとも違う、伝えるという方法は、強気になりきれない私たちの「逃げ」でもあり、後輩といえども最高の友達でいたいということへの挑戦かもしれません……なんちて。

まぁ、心配事は尽きませぬ。

そゆの含めて、あたしはこの家がすきなんだけどさ。
てかすきだからこそ悩む。

あと数ヶ月、伝えたいことは出しきるつもりだ。

まぁとにかく。
予めはぴぃメリークリスマス。



ちなみに今日は終業式(まだ補習あるけど)。
センターの受験票もらいましたー。
なくさないように…
どこにしまおう(´・ω・`)


なんか、ほんま情けないくらいだらだらしすぎな17歳。
もあと少し。



うがー。
冬のだいさんかく綺麗スギルぉ。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。